読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaonpa’s diary

自転車モノを中心に、好みのモノについて気ままに語ります。

Rapha Overshoes(ラファ オーバーシューズ)

f:id:kaonpa:20170109104325j:image

今回はラファジレと同じく、ブラックフライデーにて手に入れたオーバーシューズについてです。

www.rapha.cc

 ラファでは現在もセール中ですが、このオーバーシューズは含まれていません。店員の方曰く、「あの時に購入したのは当たりですね〜^ ^」と言ってくれました。(私は乗せられやすい性格なので、素直に嬉しい…。)

 

ウェアを買うときにいつも思う事ですが、

その1。今すぐ使いたいモノを買う。

その2。今すぐは使わないが、後々必ず使うモノ。

この二択で迷ってしまいます。懐が温かければ何も問題ないですが、そこはパパサラリーマン。限界がすぐそこにあります。

 

購入時期は11月の終わりでしたが、さほど寒くはなかったこともあり、動機は「その2」として購入と成りました。(どちらにしても散財に変わりはない…)

 

それでは早速モノ自体を見ていきましょう〜。

f:id:kaonpa:20170113084121j:image

ラファらしい派手なハイビズピンクです。身体の端部、手足などに派手な色を使って、車や歩行者への認知を高めて安全走行に寄与させることは最近の流行りでもありますよね。その点も考慮してピンクを選択しました。

f:id:kaonpa:20170113084521j:image

 素材はネオプレーン素材。スポンジみたいにプヨプヨしてるオーバーシューズとしてはお馴染みの素材ですね。中には、

BELGIAN WINTER TRAINING RULE #7

"NEVER RIDE WITHOUT OVERSHOES"

と、書いてあります、ここもラファらしいですね。でもベルギーじゃなくても、日本でもさほど変わらないことが言えると思うのですが…(汗)多分シクロとかが盛んだからとかかな?

f:id:kaonpa:20170113085819j:image

ジッパーは防水型、閉めるときに抵抗があり、ずり落ちは無さそうです。

f:id:kaonpa:20170113085926j:image

裾口にはシリコンストッパー、ジッパーを閉めた後に上からマジックテープがしっかりと押さえます。非常に良い作り。

足裏は 2枚目の写真でも分かる通り、黒い補強素材がつま先と土踏まずについていますので、クリートはめ込み失敗したときにも滑りませんよ(経験済み…)

f:id:kaonpa:20170113090630j:image

問題のサイズ感ですが…キツイ!!

私はsidiの42を履いてますが、サイズチャートを見て買ったのにこのキツさは…でも、履けます。写真の通り。今まで使っていたパールイズミのものが余裕があっただけに余計そう感じました。クリートを通すまでが一苦労なので、使用後はジッパーを下ろして、裏返して、踵を外して置くだけにしています。

 

 (以前までは、確かこれ↑と同じタイプを使っていました)

投入は後々…と思っていたのに、12月の氷がはった寒さの時に、割と早めの使用となってしまいました。

 

寒さはしのげます。が、50キロ以上の距離を冬に走る場合はつま先がやばくなりますので、必ずウールの靴下、それと、こまめに暖をとるのをお忘れなく。前に使っていたパールイズミのものともあまり違いはないように思いますが、裾口のシリコングリッパーとキツめのフィット感で、機密性は高めなので、汗がこもりやすいかもしれません。

 

さてさて、今回の購入商品についての総評〜〜

 

●何と言っても派手!一箇所なのにすごい存在感!

(色使い下手なのに、一箇所派手なのは大好きです・・。)

●予想通りの防寒性能。

(特筆するほどでは無いが、冬場これぐらいは欲しい程度を超えている)

●作りの良さ!

(ジッパー、マジックテープ、生地、どれもしっかり)

 

こんな感じでしょうか?!

 

今回は以上となりますが、私はこれまで、色々なオーバーシューズを使ってきました、「つま先型」「ソックス型」「全体カバー型(今回と同じタイプ)」。これらどれにも良さはあると思うのですが、必要な時期に十分な性能があり、そして耐久性もある程度確保できるモノと考えると、今回のような「全体カバー型」が個人的にオススメです。

(価格は結構しますが、路面に近いので、気兼ねなく脱ぎ履きでき、洗濯できるのがとっても大事。)

 

いつも非常に個人的なモノ語りではありますが、今回も寒空の下で駆け抜ける皆様にとって少しでも有益な情報となれば幸いです^^

それではまた。。

 

f:id:kaonpa:20170113092216j:image

追記:

ちなみに、ラファのシクロの写真でも使われてましたね。つま先めくれ上がってますね〜直す暇ないだろうし…寒そう…。

 

Festive500 Result

f:id:kaonpa:20170109111404j:image

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年も不定期に、好きなモノについて、気まま〜に書いていきたいと思いますので、かる〜い気持ちでお読みください。よろしくお願い致します。

 

さて、年末にトライしていたFestive500のご報告です。

詳細は後にして、結果は予告していた通り、達成はできませんでした。

年末に休みを取れたのは、24日、25日、29日、30日の四日間。

24日、102㎞。

25日、62km。

29日、93km。

30日、64km。

総計、321kmという結果でした。

 

いずれの日も半日しか走る時間が取れず、早朝から昼まで、もしくは、おやつ時間後から夜まで、という時間帯でした。

f:id:kaonpa:20170109231157j:image 

こちらは24日の早朝の富士山の朝焼けです。綺麗ですねー!

f:id:kaonpa:20170109231259j:image 

出発前のコンビニではこんなに真っ暗。6時前ですしね・・・。

f:id:kaonpa:20170109231415j:image 

翌日の25日の富士山の夕焼け。これまた神秘的でしたが、日没後は真っ暗で、自分のライトでは暗すぎてかなりヒヤヒヤの帰宅ライドでした。

f:id:kaonpa:20170109231436j:image 

29日も早朝出発しましたが、富士山とは逆方向の川に綺麗な朝焼けを見ることができました。

f:id:kaonpa:20170109231455j:image 

最終の30日も早朝ライド。すでに達成不可能と分かっていましたので、少々力を抜いて、朝焼けからの自分の影を撮ってみました。

f:id:kaonpa:20170109231514j:image

富士山ももちろん綺麗でした!

 

ということで、結局はダメだったわけですが、いずれの日も関東らしく快晴で、とにかく気持ちが良かったです。ただし、距離を伸ばすことを考えながら走るというのは、なかなかつらいなぁ・・・というのも、よく分かりました。

 

また今年の年末もこのイベントはあるでしょうし、私自身も参加はするでしょう

。年末の休日の取り方や、天候などにかなり左右されるのは間違い無いので、達成自体、本当に難しいことかもしれません。でも、今回の挑戦で色々と気がついたことがあります。

 

その1。距離と時間の今の自分の限界。(計画性の甘さ)

 

その2。寒さに対する自分の準備不足。(天候の読みの甘さや装備。さむかったーーー。)

 

その3。暗さに対しての認識の甘さ。(これは本当にこたえました。。。一歩間違えればまた落車でした。)

 

その4。安全面に対して、自分の行動力の足りなさ。(この四日間でのひやっとしたことが何度かありました)

 

などなど・・・連続で、しかも距離を伸ばすことを前提にしたことで、本当にたくさんのことに気がつくことができましたので、これらのことを一年忘れずに走っていきたいと思います。

Festive 500

f:id:kaonpa:20161227203345j:image

Rapha製品を購入したことがある方、またはstravaを利用されている方なら、恐らくご存知な年末恒例のライドイベントですね。

 

pages.rapha.cc

私も毎年知ってはいましたが、エントリーしたことはありませんでした。でも、なぜか今年はstravaでポチッとエントリーしてしまいました・・・。

 

今年特に、年末に長い休みが取れるわけでも無く、休日も家族とのイベントもあり、とても年内に500km走れるとは思えませんでした(実際、12月27日時点での距離は165km、ライド回数2回と、500km達成するためにはまだまだぜんぜん足りません。)

 

でも、イベント創始者のRaphaリードデザイナーであるグレアム氏が語った「半分でのチャレンジ」を読んで、無理かも知れないけどエントリーしてみよう!という気持ちになったのです。

Rapha | Festive 500: 半分でのチャレンジ(日本語)

以下本文から引用。

・・・・・グレアムはこのレースは、この体験を共有することが重要なチャレンジだと強調します。

 

「私はこのレースを、グループで出かけて、新しいロードや場所を発見するような、もっと気軽にトライするものに変えていきたいと思っています。

 

500kmも走りきる必要はありません。

 

5回走行するだけでもいいし、出かけてみようと思う気持ちを持つだけでもいい。

 

走ってみようと思う気持ちが一番重要です。

 

もちろん、500km走破することは素晴らしいですが、

自分なりのゴールを定めてその体験を楽しみましょう。・・・・・

 

このイベントの本来の目標は、「500km以上走りきる!」というのは間違いありません。でも、年末に暖かな部屋を抜け出して走り出す、そして、その行為と気持ちを全世界と共有する!これだけでもいいのかも知れない、と思うに至ったのです。

 

今年、私に残されている日数と、その中で自由になる時間を考えると、500km達成はおそらく無理でしょう。

これは、その言い訳でしかないのかも知れません。

でも、このfestive500があるからこそ、いつもより早起きできるし、いつもより遠くへ走ろうと頑張れます。

f:id:kaonpa:20161228172528j:image

f:id:kaonpa:20161228172549j:image

皆さんも冬の 澄んだ空気の中に飛び出しませんか?上の写真の様なとても幻想的な朝焼け、夕焼けの富士山が拝めますよ!(荒川CRの場合ですけどね…)

 

走行備忘録(12.17)

f:id:kaonpa:20161220084035j:image

いつものように、土曜朝ライドに出かけようと、目がさめるとすでに7時半過ぎ…やってもうた…。

前日には、落車で怪我を負った自転車仲間の復帰祝いと称して、かなり遅くまで飲みましたからね〜さすがに6時起きは無理でした。

気を取り直して、ライド準備しながらiphoneで気温を確認すると、

今は…

え?0度?…さ、寒いぞ、これは…。

寒さを覚悟して少々厚めのジャージとウインドブレーカーを羽織って出ました。

 

これもいつもと同じく、午前中縛りのため、荒川CRを北上し物見山手前で折り返してかえってきました。途中は水たまりも凍り、霜柱もイッパイ出来ていました。

 f:id:kaonpa:20161221172343j:image

f:id:kaonpa:20161221172410j:image

そして帰宅。

 

汗ビッショリ…

 

実は、走り始めは寒かったのですが、

気温が途中から急上昇!

それに無風!

駄目押しの厚着…(撃沈)

 

今回は、寒さに怖気付いた、私の負けでしたm(_ _)m

f:id:kaonpa:20161221233841j:image

 

走行備忘録(12.10)

f:id:kaonpa:20161220081000j:image

気持ちよく晴れた土曜日、いつものように荒川CRを朝ライドしました。前回と同様に強い北風でしたが、晴れていたからか、結構気持ちが良い。

7時を過ぎたばかりの時間ではあまりライダーを見かけないので、自分のペースを維持して走ることが出来るのも、気持ち良さをあとおししてます。

トモローまで行くのに、追い越されたのは2人ぐらいだろうか?たぶん、追い越したのも2人ぐらい。北風に逆らうのは辛いが、マイペース走行が続くので気持ち的には楽でした。

f:id:kaonpa:20161217171618j:image

そして 帰り道に久々のvia立ち寄り、早い時間にもかかわらず混んでいたので、暖かいコーヒーを一杯だけいただきました。

f:id:kaonpa:20161220081039j:image

帰り道、いつものセブンイレブンを出たところの枝に残った柿と自分のジャージが同じ色…。

コーラルピンクって言えば今時感あるけど、…和風に言うと柿色…⁈

なんかショック…。

f:id:kaonpa:20161220100728j:image