読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaonpa’s diary

自転車モノを中心に、好みのモノについて気ままに語ります。

走行備忘録(10.10 後編)

f:id:kaonpa:20161019230502j:image

(前編からの続きです)なんとかたどり着いたローソンでトイレに直行、鏡の前に立ち、全身を、確認します。

まずは身体の怪我から。腰は痛みますが体を動かす時に痛みは有りません、打撲の痛みだけ。次に両膝は出血しており、痛みをこらえて水でキレイに洗い流しました。グローブやアームウォーマーで気がつかなかったのですが、左手小指、左手首、右肘、も擦り傷になっていました。

次に装備。ジレはすでに脱いでポケットにしまいましたが、前身頃ザックリ…。あと脇の下部分も破けていました。次にジャージは右肩と背中のポケットの穴。それ以外には有りませんが、1年も経っていないジャージの破損は悲しい〜(泣)直せるのだろうか⁈

ウェアの事は置いといて、

「まずは、これから家までたどり着くこと!」

と思い直し、缶コーヒーをすすりながら帰りのルートを確認します。なんとなく東南東に進めば入間川沿いのサイクリングロードに出れるのは分かっていました。今度はハンドルをシッカリと握り、あらためて帰路につきました。

程なくして、入間川沿いのサイクリングロードに合流。途中で予想外の工事区間があり、遠回りさせられましたが、入間大橋で荒川サイクリングロードに戻る事が出来ました。あれだけ派手に転けて怪我を負い、ジャージなどが破損したにも関わらず、昼前に普通に帰宅となりました。

 

家に帰ってまずはシャワーを浴びて、何もなかったように過ごした午後は、なんと辛い事でしょう〜(汗)転倒時に身構えた影響で、擦り傷や打撲部分以外も体全体がギシギシ痛みました。でも、子供は笑顔でパパと遊べるのを楽しみに待っていますからね〜無事に帰宅できたことをありがたく思いながら、必死に子供達と遊びました…(汗)

この走行備忘録を書いている現在(約10日経過)、擦り傷はカサブタが取れ、打撲は痛みが全くなくなりましたが、今回の転倒によって、サイクリング中は、より一層の注意が必要だと改めて思い直しました。今回は自爆でしたが、後ろに誰かを引き連れていたら…、クルマが来ていたら…など考えただけでもゾッとします。ママチャリなどの一般車に比べ、前荷重が多い分、路面状況によってはカナリの影響を受けることも肝に命じて、これからは走りたいと思います。

ところで、今回破れたウェア。先週ラファに持ち込み済み。その結果はまた改めてご報告いたします。

でも、一言だけ。「さすがラファ!」